インテル、「Core 2 Quad Q6600」など4コアチップ3種類を発表

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年01月09日 14時14分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Intelは米国時間1月8日、ラスベガスで開催のConsumer Electronics Show(CES)で、ローエンドサーバ向けの「Xeon」プロセッサ2種とデスクトップPC向けプロセッサ「Core 2 Quad」を1種、計3種の4コアプロセッサを発表した。

 新しく発表された「Core 2 Quad Q6600」は、デスクトップPC向けプロセッサとして、出荷が既に開始されている「Core 2 Extreme QX6700」に加わる。Core 2 Quad Q6600の動作周波数は2.4GHz、周辺デバイスとの接続に使われるフロントサイドバス(FSB)の動作周波数は1066MHzとなっている。

 一方、今回発表されたローエンドサーバ向けXeonは、動作周波数2.4GHzの「X3220」と同2.13GHzの「X3210」。両製品ともシングルプロセッササーバ向けとなっており、8Mバイトのキャッシュと1066MhzのFSBを搭載している。

 Intelは、4コアプロセッサ製品を2006年11月から投入し始めており、今回の発表はこの製品ラインアップを拡充することになる。デスクトップPC用製品において同社は現在、ビデオゲームシステム向け需要に応えたエクストリームモデルをまず投入し、その後、値段を抑えたメインストリームモデルを追加する傾向にある。

 Intelの4コアプロセッサは、2つのデュアルコアチップを1つのパッケージに搭載することで実現している。競合チップメーカーであるAdvanced Micro Devices(AMD)も、4コアプロセッサ「Barcelona(開発コード名)」を開発している。このプロセッサは1枚のシリコンに4コアを搭載する。同チップの登場は2007年中ごろになる予定となっている。

 複数の独立したタスクを処理することが多いサーバでは、マルチプロセッサコアの利点を十分に活用することが可能だ。しかし、デスクトップPCの場合、既存ソフトウェアの多くがプロセッサコアのすべてを効率的に使用できないため、サーバほどの利点は得られない可能性がある。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算