編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

サンディスク、USBのセキュリティ強化に向けた製品を発表へ

文:Joris Evers(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2007-01-31 15:22

 フラッシュメモリメーカーのSanDiskは来週、企業がUSBドライブの使用を管理、制御するための製品を発表する予定である。

 カリフォルニア州ミルピタスを拠点とするSanDiskは、サンフランシスコで開催されるRSA Conferenceでの発表を予定している。RSA Conferenceは、企業向けセキュリティ製品を対象として、毎年開催される大規模なカンファレンスである。「SanDiskは、USBフラッシュドライブの保護と制御を可能にする、企業向けセキュリティ市場を対象とした総合的なソリューションを発表する」と同社は声明で述べた。

 従業員が持ち運ぶUSBドライブなどのデバイスは、セキュリティ上の問題を引き起こす恐れがあると、セキュリティ専門家らは指摘している。これらのデバイスを職場のパソコンに差し込むと、悪質なコードが企業ネットワークに侵入する危険性がある。また例えば、不満を抱える従業員が、機密情報を社外へこっそり持ち出すための道具にもなりかねない。

 SanDiskは、TablusやCentennial Softwareといった専門企業が多く存在する市場に参入しようとしている。また、企業がデバイスの使用に関するポリシーを定めたり、デバイスの使用を全面的に禁止したりするのを支援する機能は、PCセキュリティ製品に搭載されるようになりつつある。Microsoftもこのような機能の一部を「Windows Vista」に追加している。

 GartnerのアナリストRich Mogull氏は、「SanDiskは短期的な市場機会を利用しようとしているにすぎない」と述べた。「デバイス管理の機能は他の製品スイートの一部として組み込まれる方向へと向かっているため、他社と提携する以外にSanDiskにこの分野における現実的な見通しがあるとは考えにくい」(Mogull氏)。

 SanDisk関係者は、発表前に同社の計画について詳細を明かすことを避けた。しかし内部関係者らは、SanDiskが「mTrust」製品ラインの再パッケージ版を発表すると予想している。mTrustは、同社が2006年に15億5000万ドルでmSystemsを買収することにより手に入れた製品である。

 mSystemsのウェブサイトに記載された製品説明によると、mTrust製品ラインには「mTrust Shield」というソフトウェアが含まれている。これは、企業が一元管理可能なポリシーを作成、管理、監査するためのソフトウェア。信頼できるストレージデバイスのみがネットワークリソースにアクセスできるようにし、他の個人的なデバイスやインターフェースの使用を制限する機能をもつと、ウェブサイトには書かれている。

 mTrustに含まれるその他の製品としては、セキュリティ性の高い256Mバイト〜8Gバイトの個人用ストレージデバイスである「Xkey Drive」と、会社が発行するUSBフラッシュドライブを管理するための中央管理型ソフトウェア「mTrust Manager」がある。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]