新興企業のSecure64、DNSサーバソフトウェアを発表

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:緒方亮、小林理子、佐藤卓、長谷睦、編集部 2007年03月20日 21時39分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新興企業のSecure64 Softwareは米国時間3月19日、同社初の製品として、セキュアなネットワークサーバを構築するソフトウェアを発表した。同社には、Hewlett-Packard(HP)とIntelが共同で市場投入した「Itanium」プロセッサの設計で中心的立場にあった設計者の1人が属している。

 コロラド州グリーンウッドビレッジに本社を置くSecure64は、Itaniumのセキュリティ機能を利用する独自の軽量OS「SourceT」に、ドメイン名システム(DNS)を扱うサーバソフトウェアを組み合わせた製品を発表した。ドメイン名システムとは、「Secure64.com」といったウェブアドレス(ホスト名)と、ネットワークが利用する数字の組み合わせ(IPアドレス)を結びつけるソフトウェア。

 Secure64は、自社製品について恐れを知らない大胆な宣言をしている。マーケティング担当のバイスプレジデントMark Beckett氏は「ルートキット、トロイの木馬、ウイルス、ワームといった、あらゆる形式のマルウェアを寄せ付けないハードウェアプラットフォームが誕生した」と語り、「ネットワーク攻撃を寄せつけないし、性能もきわめて高い」と説明した。

 Beckett氏によるとこの製品は、最もローエンドモデルのItaniumサーバで、デュアルコアのItanium 2プロセッサ9000番台(開発コード名「Montecito」)1基を搭載した「HP Integrity rx2660」で稼働する。このモデルの価格は5000ドルから6000ドル。Secure64のソフトウェア自体の価格は9995ドルだ。Secure64はハードウェアを販売し、顧客の希望があればソフトウェアをインストールしていく予定だが、最終的には販売業者と契約を結び、そのネットワークを通じて一括した製品を顧客に販売していく計画だ。

 Secure64の最高技術責任者(CTO)を務めるBill Worley氏は、ItaniumプロセッサがHPの研究プロジェクトとして発足した当初から設計に携わってきた人物だ。Beckett氏によると、Secure64は2002年の設立で従業員数は約25人、現在、製品を売り出すために営業とマーケティングのスタッフを拡充しているという。

 IlluminataのアナリストGordon Haff氏は、手ごろな製品だと評価しながらも、HPから販売の協力を得ることができれば、さらによかっただろうと話す。

 「HPが販売しサポートする、真の意味でのアプライアンスになるのが最高だと思う。HPがIntegrityサーバシリーズでItaniumを重視しなくなっていることから、アプライアンスとすることはHPの方向性と完全に調和する。Itaniumはよい基盤ではあるが、中心的存在ではない」とHaff氏は言う。

 DNSはインターネットを動かす上でたくさんある必要不可欠な要素の1つだ。しかし、中継を処理するサーバは、サービス拒否(DoS)攻撃でトラフィック過多になって機能しなくなることがある。Secure64の技術はこうした攻撃を排除するものだ。

 Secure64によると、オープンソースのNSDソフトウェアに同社が修正を加えた改良版を利用することによって、同社のサーバはDoS攻撃下であっても、1秒間あたり10万以上のクエリの処理を維持できるという。同じハードウェアを使ったLinux上のNSDでは、トップスピードは半分で、攻撃を受けると事実上ゼロへと転落する。広く使われている「BIND」ソフトウェアによるDNSサーバでは、トップスピードが3分の1で、攻撃を受けるとゼロになる。

 HPの従来のプロセッサに代るものとして人気を得たItaniumだったが、あらゆるサーバのプロセッサになるという当初の期待には応えることができなかった。しかし、ItaniumにはSecure64のソフトウェアが働くことを可能にする機能が備わっているとBeckett氏は話す。

 こうした機能によってコンピュータは、メモリをコンパートメント化して1つのアプリケーションがほかのアプリケーションのデータにアクセスできないようにしたり、メモリに書きこまれた特定のデータやプロセッサが処理中の「スタック」が、実行されるのを防いだりできるようになる。さらに、Beckett氏によると、コンピュータの起動時にソフトウェアを認証して、改ざんされてないことを確かめることもできるという。

 Secure64の製品を市場に投入する方法を見つけ出すのは簡単ではなかった。「ある時期、正しいビジネスモデルは何なのか理解することが、会社の重要な課題になっていた」とBeckett氏は話す。

 Beckett氏によると、Secure64のソフトウェアがもたらす利点は、SourceT OS上で実行されるどんなアプリケーションにもおよぶものであり、すでに同社の研究所では一部のテストを実施しているという。また、同氏によると、SourceTは理論上は主流のOSの基礎としても利用できるものだが、こちらについてはまだテストはなされていないという。

 Secure64は2007年、さらなる製品を計画しているということだ。「この(DNS)製品の機能を強化したものや、そのほかの製品を、2007年中に登場させることが出来ると考えている」とBeckett氏は語った。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化