編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:MAツールのいま
「これからの企業IT」の記事はこちら

グレープシティ、「InputMan」に次世代描画テクノロジー「WPF」を導入

WebBCN (BCN)

2007-04-18 13:00

 グレープシティ(馬場直行社長)は4月16日、入力支援コンポーネント「InputMan」に、次世代描画テクノロジー「WPF(Windows Presentation Foundation)」を導入すると発表した。研究、開発は中国のGrapeCity Xianで行い、WPF開発の動向を考慮しながらベータ版の公開やリリース時期を検討する。

 「WPF」は、.NET Framework 3.0で採用された次世代描画テクノロジー。ユー ザーインタフェース、2D/3Dグラフィックス、ドキュメント、メディアといっ た描画に関連するサービスを装備する。

 「InputMan」にWPFテクノロジーを搭載することで、コントロール内テキス トの書式を自由に設定できる。入力部分の色やフォントを変更して強調したり、 動的にコントロールの形状を変えたりして、アプリケーションに視覚的な効果 を与え、対話性の高い入力を実現できる。

 また、UIデザインとロジックの分離も可能。テンプレートの適用により、コ ントロールに対する外観を自由に変更することができる。例えば電卓コントロー ルのボタンの位置や色、動的な視覚効果を利用シーンに応じてテンプレート化 しておけば、電卓機能を異なるデザインでさまざまな用途で利用できる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. セキュリティ

    Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス

  4. セキュリティ

    「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ

  5. クラウドコンピューティング

    データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]