セールスフォース、政治キャンペーン向けCRM「Campaignforce」を発表

文:Candace Lombardi(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年04月19日 17時13分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Salesforce.comは米国時間4月18日、政治家向けのオンデマンドウェブベースCRMアプリケーション「Campaignforce」を発表し、政治キャンペーン分野に進出した。

 Campaignforceのインターフェースは、簡潔にいうなら、Salesforceのダッシュボードに政治キャンペーン向けのいくつかの追加機能を加えて再パッケージしたものといえる。このCRMアプリケーションは大組織でも、市会議員のような小規模な草の根活動キャンペーンでも利用でき、価格は「Salesforce Political Campaigns Edition」のプロフェッショナル版が月額65ドル、エンタープライズ版が月額125ドルとなっている。

 「これは21世紀の政治界向けのウェブダッシュボードだ。これを利用してスタッフ、方法、イベントをすべてウェブ上で管理でき、Web 2.0の力を活用できる」とSalesforce.comのグローバルパブリックポリシー担当シニアバイスプレジデント、Daniel Burton氏は述べる。

 Burton氏によると、SalesforceのCRMアプリケーションの本質は、期間が限定されている政治キャンペーン組織には理想的だという。

 ウェブベースであることから、コンピュータとインターネット接続のほかにはインフラはほとんど必要ないし、最小限の人員で動かすことができる。実装および統合作業はSalesforceのパートナー企業が行うという。

 Salesforce.comと同様、Campaignforceでも予算管理などの機能を提供するが、顧客は献金者となり、営業スタッフが選挙スタッフに変わるだけだという。

 通常のSalesforce.comでは在庫情報と営業情報が同期できるが、Campaignforceではその変わりにNetFile経由で献金情報を整理して連邦選挙委員会(FEC)に報告する。FECによる献金者情報の確認と自分たちの献金者リストを同期できるため、資金調達者は法的制限を満たしている献金者、さらなる献金を要求できる献金者を識別できる。また、いくつかの州選挙委員会のウェブサイトとリンクをはることもできる。

 「NetFileは50州すべてに献金報告を行うわけではないが、主要な州はカバーしている」とBurton氏は言う。

 さらには、献金者を特定の項目に応じて追跡し組織化したり、ウェブから一般的なデータを集計したり、他の候補者と比較した取り組みや結果を公表するといったこともできるという。

 Campaignforceのマッシュアップ機能により、大学生のボランティアに頼ることなくオンラインメディアの監視を行える。ウェブベースのAPIを利用することで、たとえばYouTubeにあるBarack Obama氏のビデオへのアクセス数、Google上でのSam Brownback氏に関する検索クエリ数、Yahoo Newsに掲示されたJohn McCain氏に関する記事数なども把握できる。

 また、投票率アップのための取り組みやキャンペーンイベントなどと結びつけて、Google Mapsでキャンペーンのコースをたどりながらスタッフやボランティアを管理することもできるという。

 Salesforceによると、すでに共和党候補者のMitt Romney氏がCampaignforceを既に一部利用しているという。このプログラムは、Salesforceのパートナー企業、ComMittがRomney氏向けに特別に開発したものという。

 Burton氏は、Romney氏以外のCampaignforce利用者を公開しなかったが、州政党や地域のキャンペーン団体がすでにSalesforce.comのカスタマイズ版を政治キャンペーン目的で利用していると述べた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化