企業幹部を狙った攻撃が拡大--セキュリティ企業が明らかに

文:Tom Espiner(Special to CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年07月03日 10時50分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オンラインで活動する攻撃者らが、主要企業の幹部500人を攻撃対象にしていたことを、セキュリティベンダーのMessageLabsが明らかにした。これは、悪質なソフトウェアを使って特定多数を狙う初めての攻撃だとされている。

 標的型攻撃は、標的に対して個々に対応した電子メールを送ることで、セキュリティ対策を回避することを狙いとしている。また、こうした電子メールにはたいてい、ゼロデイ脆弱性のエクスプロイトが含まれている。

 MessageLabsは米国時間6月26日、世界各国のさまざまな組織の上級管理職個人をターゲットにした500件以上の電子メール攻撃を確認した。MessageLabsのチーフセキュリティアナリストであるMark Sunner氏によると、MessageLabsで通常見つかる標的型攻撃は、1日あたり2億通の電子メールに約10件だという。

 この悪質な電子メールの件名には、被害者の名前と役職が入っている。Sunner氏によると、最も狙われた部門が金融関係で、攻撃対象の30%が投資関連幹部だったという。しかし、狙われた役職はそれだけにとどまらず、被害者の11%が最高経営責任者(CEO)で、6%が最高財務責任者(CFO)だった。

 Sunner氏によると、狙われた幹部は「あまり技術に精通していない」人々だったという。この攻撃では、「Microsoft Word」書類に実行ファイルが埋め込まれていた。被害者がこの書類を開いてリンクをクリックすると、Office書類でバッファオーバーフロー状態を引き起こされ、データを盗み出すトロイの木馬が実行されてしまう恐れがある。

 MessageLabsは攻撃者を特定できなかったという。Sunner氏は、「数人の幹部が被害にあったことは確実だ」と語っている。

 狙われた被害者の配偶者や親類も名指しで標的にされ、被害者に関係のあるコンピュータに感染を試みる例も見られた。そこには、標的に関連する機密文書や知的財産に間接的にアクセスする意図があったと、MessageLabsは語っている。

 Sunner氏によると、こうしたハッカーらは、検索サイトやソーシャルネットワーキングサイトから情報を入手したのではないかと疑っているという。

 Sunner氏は、「どこかのだれかが必要な情報を徹底的に調べ上げたようだ」と語っている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化