編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

Solaris10でcronが動作しない

OKWave

2007-09-06 13:00

Solaris10でcronが動作しない

x86ベースのSolaris10を運用しています。
以前、落雷で瞬時停電してからcronが動作しなくなりました。以下、試行錯誤の結果です。

# svcadm enable cron
# svcs -a
maintenance 9月_11 svc:/system/cron:default
maintenance 9月_11 svc:/system/sac:default
maintenance 9月_11 svc:/system/sysevent:default
# cron
cron could not unlink FIFO: ファイルもディレクトリもありません。
! cannot create fifo queue (日) 10月 15 17:22:11 2006
! ******* CRON ABORTED ******** (日) 10月 15 17:22:11 2006
おそらく、必要な構成ファイルがダメージを受けているのだと思うのですが、cronの動作原理がわからないので追いようがありません。

どうしたものでしょうか・・・よろしくお願いいたします。

良回答

fsck済みかどうかの判断は、ブート時の自動fsckを想定していますので手動fsckでは判断が狂うことがあります。
fsckは本当に正常終了しましたか?fsckが何も行わずに終了しただけではないですか?

いったいどのような作業をしたのでしょうか?まさかマルチユーザモードでfsckコマンドを叩いたんじゃないでしょうね。

デバイスファイルの作り直しはまったく無関係な作業です。というか、/がreadonlyなのになぜデバイスの再構築ができたのでしょうか?

リブートしてもルートファイルシステムのマウント状況が直らなければ、シングルユーザモードでの操作が必要かもしれません。この程度のことで再インストールは不要だと思います。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]