編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

EXT3でext3_journal_start_sb関数実行時に異常終了したジャーナルを検知した際のメッセージ

OSSメッセージペディア

2007-09-26 11:00

EXT3-fs error (device dev): ext3_journal_start_sb : Detected aborted journal

対処

ファイルシステムが異常状態である可能性があるため, badblocksコマンド等を利用しハードディスクが壊れていないか確認する。ハードディスクが壊れていない場合は,システムを再起動する。システム再起動後も現象が発生する場合は,対象ディスクのバックアップを取得後,fsckを実施する。それでも回復しない場合は,ファイルシステムを再フォーマットし,バックアップしたデータを復旧する。

説明

EXT3(third extended file system)でext3_journal_start_sb関数実行時に異常終了したジャーナルを検知した。そのため,ファイルシステムに設定されているエラー処理を実行する。

カーネルはI/Oエラーなどによってジャーナルが異常終了していたかどうかをチェックする。その際、異常終了していたならば、本メッセージを出力する。

本メッセージ出力後,エラー処理がカーネルパニックするよう設定されていればカーネルパニックを起こす。そうでなければファイルシステムを強制的に読み取り専用にする。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]