グーグルの65万個のコアを搭載した倉庫サイズのコンピュータ

文:Robin Harris(Special to CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル 2007年10月24日 18時21分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4コア搭載タワー型コンピュータが急に非力に思えてきた

 世界最大手の検索エンジンを動かすにはどれくらいの処理能力が必要なのだろうか。膨大なCPUサイクルが必要になるはずだ。そして、それこそまさにGoogleの新しいデータセンターが供給する能力なのだ。Googleの厳格な守秘義務契約のために誰も話してくれないが、衛星写真とちょっと工夫した推測によって解明できる。

倉庫サイズのコンピュータの電源はどうなっているか

 いったい、倉庫サイズのコンピュータはどれくらいの大きさなのだろうか。Googleはその点について論文を書いているが、プロセッサの数などの詳細については明確に書いていない。

 オレゴン州The Dallesのコロンビア川両岸にあるGoogleの新しいデータセンターを見てみよう。この地域は、電気代が1メガワットあたり30ドル以上に値上がりした後にアルミニウム精錬所が閉鎖されて以来、打撃を受けていた。価格設定の問題は複雑だが、現在では1メガワットあたり約45ドルになりそうだ。

 この金額は読者が払っている電気代より安いと思われるかもしれないが、事実、安いのである。はるかに安い。それゆえGoogle、Microsoft、Yahooは水力発電の盛んなコロンビア川盆地にデータセンターを建設しているのである。この場所がウインドサーフィンの世界的な名所だというのはほんのおまけに過ぎない。

Googleのデータセンターの大きさを推測する

 著作権のある写真を転載することはできないが、空中写真、衛星写真、Google Maps(もちろん!)やいくつかの地図ソフトウェアを使用して、2つの同一の建物にはそれぞれ10万平方フィート(9290平方メートル)のクラスAのデータセンター用フロアスペースがあると判断した(カバーが掛けられている積み込み用ドックは含まない)。以下の写真は1棟のデータセンターの冷却装置の側を写したものだ。

画像の説明
Googleの65万のコアを搭載した倉庫サイズのコンピュータ

ラックを数える

 1台の19インチラックの大きさは幅が24インチ(約61センチ)で奥行きが30インチ(約76センチ)だから(Seattle Conference on Scalabilityで写真を見たことがある)、底面積は5平方フィート(約0.46平方メートル)である。消防規則で各ラックの前には3フィート(約90センチ)の通路を設置する必要があるので、合計床面積は11平方フィート(約1平方メートル)となる。つまり、データセンターの各棟には10万÷11、つまり9090台のラックを収納する広さがあることになる。

 さらにギガビットイーサネット用のファブリックラック、電源の変換および調節用の設備、冷却および空気処理システムも必要だ。10%のラックがサーバ以外の目的で使用されていると仮定しよう。これで残りのラックの数は8180台だ。

 発表されている報告書によると、各ラックには40個のIntel製デュアルコアチップに合計80個のコアが搭載されている。8180×80=65万4400個のプロセッサコア。そして、オレゴン州のサイトにはこうした建物が2棟あることを忘れてはならない。つまり1カ所の施設だけで130万個以上のコアが使用されていることになる。

Storage Bitsの結論

 Googleは安価なコンピュータを採用する。そしてパラレルコンピューティングによって作業負荷を最適化するので、プロセッサの速度よりも数の方が重要なのだ。

 たしかにGoogleがそれ相応の数のプロセッサを持っているのは間違いない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化