編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

Javaアプリケーションフレームワーク「Spring Framework 2.5 RC1」リリース

原井彰弘

2007-10-29 19:13

 Interface21はJavaアプリケーションフレームワーク「Spring Framework」の新バージョン「Spring Framework 2.5 RC1」をリリースした。

 Spring Frameworkは、JavaおよびJ2EEのアプリケーションフレームワーク。「クラスではなくインタフェースに対してプログラムする」という考えのもと、プログラム内の各コンポーネントを抽象化し、結合を疎にするための機能を提供する。また、アスペクト指向プログラミングの機能も提供している。

 今回リリースされた新バージョンでは、Java 6とJava EE 5の全ての機能がサポートされ、JDBC 4.0やJTA 1.1などに対応したほか、アノテーションを用いた依存関係の注入が行えるようになった。また、クラスパス内を調べてアノテーションが付加されたコンポーネントを自動的に見つける機能も搭載された。そのほかにも、さまざまな機能が追加されている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「クラウド利用状況調査」から読み解く、コスト、リソース不足、セキュリティへの対応策

  2. 運用管理

    人員・スキル不足はもはや言い訳? システム運用を高度化する「AIOps」最前線

  3. セキュリティ

    脱「PPAP」に活用できる Microsoft 365 の機能をまとめて紹介

  4. 経営

    脱“ハンコ出社”の実現に向け、電子署名を全社展開したNEC

  5. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]