編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

アドビ、「Lightroom」のアップデートを11月にリリースへ--「Leopard」に完全対応

文:Candace Lombardi(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル

2007-11-01 13:11

 Adobeは、同社の写真管理ソフトウェア「Lightroom 1.2」をAppleの新OS「Mac OS X Leopard」に完全に対応させるためのアップデートが11月中ごろにリリースする予定だと述べた。

 Adobeはこれまで通りにLeopardでLightroomを使い続けてもそれほど大きな問題は発生しないとしているが、現行バージョンのLightroom 1.2はAppleの新OSと完全な互換性があるわけではないと強調している。

 Adobeはユーザーに対して、同社のLightroom Journalウェブサイトで発表されている既知の互換性に関する問題のリストを参照してからLeopardで現行バージョンのLightroomを使用するかどうかを決めてほしいと呼びかけている。また同社は以下のような注意も発表している。

 「Leopardの『Time Machine』とLightroomのカタログファイルが相互にどのように作用しているのか現時点ではわかっていない。さらに多くの情報が入手できるまで、Lightroomの使用中にTime Machineのバックアップまたはリストアを実行するのは推奨しない」と、AdobeでLightroomのプロジェクトマネージャーを務めるTom Hogarty氏は声明で述べている。

 LightroomとLeopardの互換性の問題のほとんどは、機能面というよりもインターフェースの表示に関するものだ。たとえば、Developモジュールを適切に表示するためには左側のパネルを開いて閉じることが必要になる可能性がある。そのほかにも、LeopardではPrintモジュールを全く読み込めない場合があるなど、もっと深刻な問題もある。

 Adobeはすでに、Creative Suite 3(CS3)版の「Photoshop」「Illustrator」「InDesign」「Flash」「Dreamweaver」「Fireworks」は引き続きLeopardで使用しても安全だと述べている。

 Adobe Lightroomの使用とは直接関係ないが、日常的にバックアップやファイルの共有を頻繁に実行するフォトグラファーは、LeopardのTime Machineが「AirPort Extreme」の「AirPort Disk」をサポートする予定がないことも知っておくべきだ。AirPort Diskは外付けハードディスクをAirPort Extremeに接続してファイルをセキュアなネットワーク上で共有できるようにする機能である。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. ビジネスアプリケーション

    進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは

  4. クラウド基盤

    【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン

  5. セキュリティ

    「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]