編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

Haskellのコンパイラ「GHC 6.8.1」リリース

原井彰弘

2007-11-07 17:32

 GHCチームは、関数型プログラミング言語Haskellのコンパイラ「GHC」の新バージョン「GHC 6.8.1」をリリースした

 GHCは、遅延評価型の関数型プログラミング言語「Haskell」のコンパイラ。Haskellコンパイラの事実上の標準となっており、Haskellのコードを実行ファイルに変換するコンパイラのほか、インタプリタやプロファイラが含まれている。また、Haskell言語仕様に関する多数の拡張をサポートしている。

 今回のリリースはメジャーリリース。ポインタタギングという手法を用いて実行コードの生成を行うことにより、ほとんどのコードで以前より10~15%程度高速化された実行ファイルを生成できるようになったという。GHC自体もHaskellで書かれているため、これはコンパイルの高速化も意味する。また、インタプリタにインタラクティブデバッガが搭載され、関数の定義にブレークポイントを張ったり、ステップ実行を行ったりすることが可能になった。そのほかにも、多数の機能の追加が行われている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]