編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

MacでWindowsを動かす仮想化ソフト、おすすめの構成はコレ!(ZDNet Japanブログより)

鶴田展之(qnote)

2007-12-20 13:25

 個人的にはすべての仕事をMac OS Xだけでやりたいぐらいなのだが、どうしてもWindowsが必要になる局面というのも多々ある。Web系のシステム開発ではInternet Explorerによる動作検証は欠かせないし、某銀行のオンラインバンキングもIE6にしか対応していなかったりする。(IE7でも一応使えるが不具合頻発orz。)また、「会計・給与・販売管理の統合パッケージ」も、Mac OS X版で実績のあるソフトはほとんど無いに等しい。

 そこで大きな力を発揮するのが、Leopardから正式にMac OS Xのひとつの機能として搭載された「Boot Camp」、そして「Parallels Desktop」や「VMWare Fusion」のような仮想化ソフトウェアである。ユーザとしてはMac上でWindowsも使える手立てがたくさんあって大助かりなのだが、ここで問題なのは「じゃあ、一体どれが一番いいの?」ということだ。

全文はこちら--「猫科の手も借りたい」

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]