編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

更新データの同期処理で対象となったバッファが、すでに解放されていたことを示すメッセージ

OSSメッセージペディア

2008-01-11 13:00

Badness in sync_dirty_buffer at fs/buffer.c:2890

対処

カーネル/ファイル・システムのバグである。前後のメッセージ、特にこのメッセージの直後に表示されるスタックの情報をサポート契約先に報告する。過去のカーネルのバージョンにおいて、カーネル/ファイル・システムのバグとして報告された事例が複数ある。使用中のバージョンでこのメッセージが表示された場合、そのバージョンでこの問題に対する修正がすでに作成されていないかを調べる。カーネルのバッファ管理の内部処理に矛盾が発生しており、Oopsなどシステム停止に至る場合や、データ不正などの現象となる場合も考えられる。システム停止に至った場合は、システム停止前後のログやカーネル・ダンプなど採取可能な資料もサポート契約先に報告する。対象となったデバイスのデータを調べ必要であればバックアップからの回復を行う。

説明

デバイスドライバへの更新データの同期処理で対象となったバッファが、すでに解放されていた。同期のためのI/O処理は続行される。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]