編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

clockで示される周波数のCPUを検出したことを示すメッセージ

OSSメッセージペディア

2008-02-01 15:00

Detected clockMHZ processor.

対処

通知情報のため、特に対処はない。

説明

クロック周波数:clockのCPUを検出した。システムの起動時に、CONFIG_X86_CYCLONE_TIMERまたはCONFIG_X86_PM_TIMERが有効な場合、TSC(Time Stamp Counter)から算出されたクロック周波数を表示する。

CONFIG_X86_CYCLONE_TIMERは、CYCLON TIMERを使用する場合に、CONFIG_X86_PM_TIMERは、ACPIのPM TIMER(Power Management Timer)を使用する場合に指定される。

TSC(Time Stamp Counter): タイム・スタンプ・カウンタ。Pentium以降に実装されたIntel x86 CPUの内部タイマー。TSC レジスタにクロック信号毎に値を加算し、動作を始めてからCPUに供給されたクロック数の総計を記憶する。(例えばクロック周波数が400MHzなら、 2.5ナノ秒に1回インクリメントされる。)

CYCLON TIMER: IBMサーバx440、x360等のSummit搭載のチップセット(IBMのサーバ用のシングルチップセットで4wayのSMPモジュールを最大4つ(16CPU)まで組み合わせることができる)に対応するタイマー。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]