編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

データセンターの回線総量、20Gbpsが最多--年々増加傾向に

奥山順子

2008-04-10 20:02

 インプレスR&Dのシンクタンク部門、インターネットメディア総合研究所は4月10日、インターネットデータセンターに関する調査を実施、結果を発表した。

 発表によると、データセンター事業者の回線総量は「20Gbps以上」(32.7%)が最も多い。2005年と比較すると、最も多かったのは「10Gbps未満」(29.5%)で、20Gbps以上は18.2%にとどまっていることから、回線総量は増加傾向にあることがうかがえる。

 10Mbps専有の回線月額費用では、「52万5000円未満」(39.5%)が最も多く、主流は2005年と変わっていないものの、「10万5000円未満」と「21万円未満」の合計で比較すると、2005年は6.8%に対し、2008年は34.9%と低価格化が進んでいることがわかる。

 利用しているオプションサービスとしては、「回線の監視」(59.3%)が最も多く、次いで「サーバー機器類のリスタート」(53.9%)、「ファシリティーの監視」(48.4%)が続く。さらに、利用していないが、今後は利用したいオプションサービスとしては「ミドルウェアの再インストール」(25.4%)や「アプリケーションの再インストール」(25.4%)、「サーバーソフトの再インストール」(24.7%)が多く挙げられた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]