編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

DNSの流れを理解しよう〜ちょっとドメイン編(ZDNet Japanブログより)

室園拓也

2008-04-22 19:43

 ちょっとドメイン編の第2回は、DNSの流れについて書かせて頂きます。

 前回、以下のようなご説明をさせて頂きました。

つまり、IPアドレスという数字の羅列は、特別な意識をもって接していない限り、人間がWEBブラウジングをするのに適しているとは到底言えないのです。この事態を解決するのに活躍しているのが、DNS(Domain Name System)であり、ドメインなのです。 DNSはドメイン⇔IPアドレスを解決する仕組みで、人間が記憶しやすいドメインとIPアドレスとを裏側で変換してくれているのです。

 ところで、みなさんご存知の通り、ドメイン名というものは唯一無二のものでなければなりません。何しろ、インターネット上で特定の位置を指し示す住所なのですから、あっちこっちに点在していては大変です。おまけに、多くの人が理解しやすく覚えてくれるようなドメイン名を探すとなると一苦労です。ですので、大抵の場合は、ドメイン登録事業者の提供するサービスを利用することとなります。

参考:有名なドメイン登録事業者
お名前.com
マンガで読めるドメインの基本 Onamae Comic!
ムームードメイン
バリュードメイン

 前置きが長くなりましたが、こうして日々申請・登録・取得されている膨大なドメインに対し、DNSは間違うことなくドメイン⇔IPアドレスを解決しています。どのような流れになっているのかを見ていきましょう。

全文はこちら--「「ズームイン!IPアドレス」ちょっとドメインも」

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]