セキュリティに対する責任を求められるベンダー

文:Colin Barker(ZDNet.co.uk) 翻訳校正:石橋啓一郎 2008年05月09日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Infosecurity Europe 2008で、ハードウェアやソフトウェアのセキュリティについては、サプライヤーが責任を問われるべきだという専門家の意見が出た。

 セキュリティ専門家によれば、企業が自社のIT環境を安全にするために大変な労力を払わなくてはならない場合があると一方で、テクノロジーベンダーは自社のハードウェアやソフトウェアが十分な水準に達するように、より努力すべきだという。

 現地時間4月22日にInfosecurity Europe 2008で行われたパネルの議論では、セキュリティ専門家がずらりと並び、ハッカーが攻撃コードを発見している問題の責任はソフトウェアメーカーにあると非難した。「アプリケーションが新たな攻撃目標になっている」とSANS InstituteのAlan Paller氏述べ、あるOracleのユーザーは所有するシステムに対し8万回の攻撃を受けたと話した。

 Barclaysの最高情報セキュリティ責任者であるRhonda MacClean氏は、同氏の会社がサプライヤーから購入しているソフトウェアの大部分に対し定期的に行っているセキュリティに関するテストについて、詳しく説明した。

 「他の誰かが書いたソフトウェアを使っている場合でも、そのコードのセキュリティに対する責任からは逃れられない」とMacClean氏は述べ、定期的な更新やサービスパックが、社内のIT専門家の業務を困難なものにしていると付け加えた。「コードに慣れた途端に、次のバージョンが出てきてしまう」(MacClean氏)

 しかし、一部のソフトウェアメーカーのコードには問題があるにも関わらず、組織内で使うコードに対する究極的な責任はIT部門にある。

 「われわれはセキュリティに関するコードはA+の水準のものであって欲しいと考えている。しかし、われわれが(Barclaysで)コードをテストしてみると、多くのコードはC+の成績しか取れないものだ」(MacClean氏)

 MacClean氏によれば、この問題は比較的簡単に改善できるという。「われわれは(サプライヤーと)この問題について話しており、その結果よりよいコードを入手することができている」と、同氏は話している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化