春のiMac発表はiPhone 3Gの夏発売に向けた布石だったのか?--ソフトバンクのiPhone獲得を考える

大河原克行 2008年06月10日 13時59分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが例年夏に披露する新iMacを春に発表したのは、今回のiPhone 3G発表に向けた布石だったのではないか――そんな考察を寄せてくれたのは、Appleのビジネスに詳しいジャーナリストの大河原克行氏だ。

「年内」提供から「7月」提供へ

 WWDC 2008のSteve Jobs氏の基調講演は、開幕前から予想されたようにiPhone 3Gの内容に終始した。

 これによって、7月11日から全世界で販売を開始することが明らかになり、日本でもソフトバンクモバイルから同日に発売されることが正式に発表された。

 ソフトバンクモバイルがiPhone獲得を発表した段階では「年内」という幅のある期間でのコメントとなっていたが、あと1カ月もすれば日本でもiPhoneを手に入れることができる。

iMacが示唆したiPhone 3G

 実は、夏のiPhone発売に向けて、Appleは例年と異なる施策を展開していた。

 それは、例年8月に発表するiMacの新製品を、今年は4月末に前倒しで発表したことである。

 もともと学生などに高い人気を誇るiMacは、米国において9月に新学期がスタートすることにあわせ、その需要期を狙った新製品投入というパターンが常であった。

 それが今年に限っては4月末の発表となっていたのだ。iMacの新製品が発表された段階では、そのタイミングにやや違和感を感じたものの、日本のボーナス商戦にあわせてという意味では最適なタイミングであったため、むしろいい時期での投入とさえ思ったものだ。

 だが、WWDCでJobs氏がほとんどの時間を3G iPhoneの説明に時間を割いたように、Appleにとって今年の最重点製品がiPhone 3G、つまり夏は完全にiPhoneに集中できる体制を整えたいという思惑があったともいえる。

 新iMacは従来製品に比べて高性能化を図るとともに、意欲的な価格設定をしている点で大きな注目を集めてた。しかし、iPhoneブームのなかでその訴求力が薄れることを避けたともいえよう。

 今から思えば、異例ともいえるiMacの前倒しでの市場投入は、実はiPhone 3Gの夏発売を密かに示唆していたともいえそうだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
モバイル

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化