編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

グーグル、広告の質のリアルタイム評価に着手

文:Stephen Shankland(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル

2008-08-22 18:31

 Googleは、広告を検索結果の隣に表示するかどうかを左右する重要な指標となる、広告の品質評価システムを更新し、広告の質を瞬時に評価することを計画している。

 Googleでは、オークションシステムを使って、どの広告主の広告を検索結果の隣に表示するかを決定しているが、オークションの勝者は、広告主が支払おうとする金額によってのみ決まるわけではない。またGoogleは事実上、クリックスルー率や、新たな基準として加わった、広告主のウェブページの読み込み速度など、品質基準を満たさない広告の最低入札額を引き上げているが、このオークションシステムはまもなく変更される見通しだ。

 Googleは米国時間8月21日、同社のAdWordsブログで、変更後、広告の質はユーザーの検索時に評価されることになると述べた。Googleは、全ユーザーへの変更の適用に先立ち、一部のユーザーでの変更のテストを「一両日中」に開始する。

 「現在のキーワードごとに固定されている品質スコアに代わって、検索クエリに合致するたびに広告の質を評価するシステムを導入する。これにより、AdWordsでは、広告を表示すべきかどうかを判断する際に、最も正確で具体的な最新のパフォーマンス情報を利用できるようになる」とGoogleは述べている。Googleはこれまで、固定的な品質評価により、特定のキーワードで広告主の広告を表示するかどうかを判断していた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]