グーグル、「Google Code」でMPLのサポートを復活

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年08月29日 16時12分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、Google Codeサイトでホスティングするオープンソースプロジェクトが利用できるライセンスとして、Mozilla Public License(MPL)の禁止を解除した。

 表面上はオープンソースライセンスの増加を防ぐという理由で、Googleは8月に入ってから、MPLのサポートを停止した。だが現在、Googleはこれを考え直し、MPLを復活させただけでなく、Eclipse Public License(EPL)のサポートも加えた。

 Googleでオープンソースチームを率いるChris DiBona氏はブログで、「われわれはライセンスについて、もう少し色合いを増やそうという方針だ」と説明している。

 以前Googleは、オープンソースのライセンス数の増加に歯止めをかけようと試みた。複数のライセンスがあることは、法的なコストを増加させ、場合によってはあるオープンソースプロジェクトを別のプロジェクトと組み合わせることができなくなることもある。だが、開発ツールプロジェクトの「Eclipse」は人気が高く、Eclipse系プロジェクトを遮断しないほうがよいと考えた、とDi Bona氏は述べている。

 DiBona氏は、「Eclipseは重要だ。盛んで活気があるプロジェクトで、膨大な数のプラグインと開発者コミュニティーを持っている。Eclipse開発者は、EPLコードと容易に組み合わせることができるBSDライセンスや他のオープンソースライセンスの使用に興味はない」と述べる。「約2年間Google Codeを運用した後、EPLをサポートし、Eclipse開発者にもサービスを提供するべきときが来たと判断した」(DiBona氏)

 Googleはまた、特定のユーザーが利用するいくつかのライセンスも許可している。

 「このような観点から見ると、MPLを削除するというわれわれの決定は不合理なものだったようだ。われわれのミスだ」とDiBona氏は述べた。「われわれは、新しいプロジェクトのためにこの選択肢を復活させた。FirefoxやそのほかのMozillaプロジェクト向けの追加や機能拡張を可能にするためMPLを採用したいと考えるグループは非常に多く、とても健全で世界的な開発者集団である」(DiBona氏)

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化