編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

繁忙感だけが残るのはなぜ?(ZDNet Japanブログより)

前川賢治(ドリーム・アーツ)

2008-09-01 17:29

 日々忙しく仕事をしているはずなのだが、今日一日やったことを振り返ってみると、なんだかドタバタ動いたわりに何も進んでいないような気がすることがある。大した成果はないのに繁忙感だけがあるのだ。

 突発的な依頼に対応することで一日が過ぎていき、あまり生産的ではない作業に忙殺されてまた一日が過ぎていき…、気が付くと知らないうちに一週間が過ぎていることもしばしば。

 集中してやっておきたい仕事や、落ち着いてじっくり考えたい問題があるのだが、会社で集中する時間を確保するのはなかなか難しい。実際、ある調査によると、オフィスで集中できる時間は、1日で「3〜4時間」が24%、「4〜5時間」が24%で、合わせると3〜5時間が約半数を占めるらしい。しかし、自分に置き換えてみると、とても3〜5時間も集中できる時間があるとは思えない。多くて2時間が関の山である。

全文はこちら--「現場からの「協働革新」」

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]