編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

MS、「Office Communications Server 2007 R2」を発表--2009年2月発売へ

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:大熊あつ子、高森郁哉

2008-10-15 10:54

 Microsoftがオランダで現地時間10月14日、企業向け電話通信分野へのさらなる進出を目指し、ユニファイドコミュニケーションソフトウェアのアップデートに取り組んでいると発表した。

 「Office Communications Server 2007 Release 2(R2)」と名づけられたこの新版は、現在非公開のベータテストを実施中で、2009年2月にリリースされる予定だ。R2は、約1年前にリリースされたMicrosoft初のビジネステレフォニー製品のアップデート版で、グループチャット機能とスクリーン共有技術を追加している。

 Microsoftは、Fortune 500企業の約半数がOffice Communications Serverを1つ以上インストールしていると述べたが、売り上げの推計については公表していない。また、同ソフトウェアの利用者のうち、単に社用インスタントメッセージングに使っている人に比べ、電話通信に活用しているユーザーはどの程度いるのかについても、具体的な数字を示さなかった。

 「Office Communications Serverの現状としては、当社はインスタントメッセージングという点で予想以上の支持を獲得し、浸透を果たしてきた」と、Microsoft Business Divisionの責任者を務めるStephen Elop氏は、取材に対して述べた。しかし、電話通信という点では、Microsoftはまだ「早期導入」の段階にあるという。

 Elop氏は、新版リリースについて売上高や販売ユニット数の目標値を明かさなかったが、同ソフトウェアはこれまで社内の予想を上回る成績をあげてきたと述べた。

 「この先まだ数段階にわたって前進する必要があるが、これまでの道のりは順調だ」とElop氏は述べた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]