世界のPC出荷台数、2009年は大幅失速へ--IDC予測

文:Erica Ogg(CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟

2008-12-04 07:25

 多くのアナリストが、2009年のPC業界に関する予測の見直しを余儀なくされており、その内容は芳しいものではない。

 IDCは米国時間12月3日、2009年の世界のPC出荷予測台数の値を更新し、改めてリリースした。同リポートによると、2009年の世界のPC出荷台数は、わずか前年比3.8%増にとどまる予定である。

 IDCは2008年に入ってから、2009年のPC出荷台数が前年比13.7%増になるとの予測を出しており、この予測値から大幅な減少となってしまった。最も打撃を受ける地域としては、物価の下落および世界的な信用危機の影響が大きい、ラテンアメリカ、中央ヨーロッパ、中東、アフリカなど、新興PC市場が挙げられる。

 だが、米国内のPC市場に目を向けると、さらなる悪材料の影響が懸念されている。2009年の米国内でのPC出荷台数は、2008年と比較して、3%の下落が予測されている。とはいえ、IDCは、その後の数年間は、「1桁台と低調ではあるものの」増加が見られることになると予想している。

 PC出荷台数に影響を及ぼしている主要因としては、ポータブルPCの人気上昇、販売価格の下落、PCのアップグレードサイクルなどがある。

 IDCのWorldwide Quarterly PC TrackerのディレクターであるLore Loverde氏は、「低価格のミニノートPCが、出荷台数を伸ばす要素とはなるものの、粗利益や売り上げの分野では、厳しい圧力となる。今後の1〜2年は、消費者層および商用セグメントにおいて、買い控えが進むと予想されている。また、引き続き低価格は重要な要素となるものの、過去数年間に生じたような、出荷台数の増加へとつながることはないだろう」と述べている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]