編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

年末年始のPtoPソフト利用、Shareが増加中--Winnyは減少

吉澤亨史

2009-01-08 15:17

 ネットエージェントは1月7日、年末年始期間(2008年12月27日から2009年1月4日まで)のPtoPファイル共有ソフト「Winny」「Share」「LimeWire/Cabos」の利用状況を調査し、結果を発表した。

 Winnyのノード数は、調査期間中平均して約24万のノード数が観測された。この数値は、前年の同時期と比較して約80%と減少しており、この傾向は2007年度中盤以降続いている。ただし、日本国内でもっとも利用されているPtoPファイル共有ソフトであることに変わりはないという。

 一方、調査期間中に観測されたShareのノード数は約17万となり、前年の同時期より約1割増えた。2008年のゴールデンウィーク期間中の数値と比較しても微増している。

 北米や欧州で人気の高いLimeWire/Cabosは、調査期間中に平均して約260万のノード数が観測された。これは同時に調査したWinnyおよびShareのノード数を合計した約41万と比較して、約6倍以上という非常に高い数値となっている。

 また今回の調査によって、WinnyおよびShareは日本を含む東アジアにおける利用割合が非常に高いこと、日本以外の東アジアではWinnyよりもShareのほうがより多く利用されていることが判明した。Winnyのノードの約96%が日本、Shareでは約95%となっており、東アジア全体ではWinnyが約97%、Shareが約99%となっている。南北アメリカやヨーロッパ、中東、アフリカ大陸などの各地域でも、数百〜数千ノードと少数ながらWinnyやShareの利用ノードが存在しているとのことだ。

PtoPソフトの利用ノードの分布状況 PtoPソフトの利用ノードの分布状況(※画像をクリックすると拡大します)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]