編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

米ユニシス、インテルの「Itanium」を見限る--「Xeon」の優位性を強調

文:Brooke Crothers(Special to CNET News.com) 翻訳校正:川村インターナショナル

2009-02-23 15:16

 米Unisysは米国時間2月18日、少なくとも数社の大手サーバベンダーに向けて「Itanium」の終焉を告げたのかもしれない。

 Unisysのシステムアンドストレージ担当バイスプレジデントであるColin Lacey氏は、米国サーバベンダートップ10の1社であるUnisysが、長らく発売が遅れているクアッドコアItaniumプロセッサ「Tukwila」を含め、Itaniumに将来性がないとした理由について、電話インタビューで語った。

 Lacey氏によると、サーバ業界の多くのベンダーにとって、Itaniumの魅力はほぼ失われたという。Lacey氏は「その魅力は確実に減少した。1社のベンダーだけに魅力的であるにほぼ等しい」と述べ、Hewlett-Packard(HP)に言及した。同氏はまた「現在出荷中のプラットフォームは、テクノロジリフレッシュのため遅れており、これまでにも2〜3回遅延があった」と述べた。要するに、これまでItaniumベースのサーバを提供してきたUnisysにとって、慢性的に出荷が遅れ、パフォーマンスも期待外れだったItaniumは、もはや実用的な選択肢ではないことを意味する。

 Lacey氏は続けて、「Xeon」をハイエンドサーバ環境で「利用」し、同じ信頼性でItaniumに勝るパフォーマンスを発揮できるとしている。Unisysは18日、同社の最新エンタープライズサーバ「ES7000 Model 7600R」が、Transaction Processing Performance Council(TPC)の「TPC-H」ベンチマークテストで、価格対性能比の記録を打ち立てたと発表した。ペンシルバニア州ブルーベルに本拠を置くUnisysは、声明で以下のように述べた。「最新のIntelの6コアXeonを搭載したUnisysサーバの性能は、ビジネスインテリジェンスなどのミッションクリティカルなアプリケーションにおいて、IntelのItaniumプロセッサを搭載したシステムよりも、高い優位性を示している」

 Unisysのコメントは、10年以上前(1998年)に、発売が遅れに遅れていた「Merced」(HPとIntelが共同で開発し、最終的にItaniumとなったプロセッサ)チップについて述べたアナリストの発言に驚くほど似ている。当時アナリストは、「もしパフォーマンスがMercedとほぼ同等なら」サーバベンダーはItaniumを採用せずに「Xeonからより多くの利益を搾り取る」ことを選ぶだろうと述べていた。

 Lacey氏は、Unisysが実施したテスト方法を詳しく説明した。「細工のようなことはしていない。Itaniumにはたった2基しかプロセッサがないことは分かっているが、比較した構成では全く同じ数のプロセッサコアを使用している。つまり64コア対64コアでの比較だ。2つのシステム間にコンピューティングエンジンの差はない。そのようにして、アーキテクチャと動作に注目した」

 最新世代のXeonテクノロジでは、「Xeonアーキテクチャに移行することによって、非常に強力な実パフォーマンスと、大幅なコスト削減を実現することができる。われわれはWindows SQLデータベース環境について話しているのであり、それをItaniumからXeonへ移行しても、実際に何ら問題はない」とLacey氏は言う。

 Unisysは、Itaniumの目玉とされている信頼性においても大きな違いはないとしている。「顧客ベースの計画外ダウンタイムを追跡し、ダウンタイムについてXeonアーキテクチャとItaniumアーキテクチャでほとんど同じ結果を得た。重要な相違は何も認められていない。ダウンタイムについては非常に詳しく追跡している」とLacey氏は述べた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]