編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

脆弱性情報:3割強がサーバとネットワーク機器--2009年第1四半期

吉澤亨史

2009-05-28 14:02

 ラックは5月27日、2009年1〜3月の「SNSDBアドバイザリ」の集計レポートを発表した。同期間は、117件の脆弱性情報が発行されており、サーバとネットワーク機器が約32%を占めた。SNSDBは、公開されている脆弱性情報をラックが収集・検証し、SNSDBアドバイザリとして編集される脆弱性情報データベース。

 4種類のリスクレベルでの分類では、「High」と「Medium High」が約39%を占めた。攻撃方法では、任意のコード実行とサービス不能が約66%を占め、約97%の脆弱性はパッチまたはバージョンアップによる対策情報が存在した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]