編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

AMD、サーバ向け6コア「Opteron」を発表--インテルに対抗

文:Brooke Crothers(Special to CNET News) 翻訳校正:編集部

2009-06-02 12:25

 Advanced Micro Devices(AMD)は、Intelの「Dunnington」チップの対抗となる同社初の6コアプロセッサを発表した。

 この「Opteron」(開発コード名は「Istanbul」)プロセッサは、2個、4個、8個のプロセッサ(つまり「ソケット」)を使用するハイエンドのサーバコンピュータを対象としている。Intelは、2008年9月にハイエンド市場向け6コアプロセッサの出荷を開始しており、2009年内には、同社の新しいハイエンド市場向け「Nehalem」アーキテクチャをベースにしたプロセッサを市場に出す予定だ。

 AMDは、新機能の1つとして特に、「HT Assist」と呼ばれるIstanbulの技術を宣伝している。AMDのサーバワークステーショングループのゼネラルマネージャーを務めるPat Patla氏は先週、電話インタビューで、プロセッサのメモリからデータを取得する従来の方法は、「車の鍵を見つけるのに、家中のすべての部屋を調べるようなもの」だったと話した。HT Assistを利用すれば、「車の鍵がどこにあるのか分かる」とPatla氏は述べた。「この方がより能率的で、多くの無駄を省くことができる」とPatla氏は付け加えた。

 さらにPatla氏は、繰り返しスケジュールの遅れが発生したAMDの不運な「Barcelona」プロセッサとは対照的に、Istanbulは予定よりも速いペースで進捗している、と述べた。Patla氏はIstanbulについて、「私たちは約15カ月で、この製品の設計とテープアウト(製造前の最終段階)、検証を完了し、ローンチにこぎ着けた」と話した。

 AMDが米国時間6月1日に話したところによると、6コアのAMD Opteronプロセッサをベースとするシステムは、CrayやDell, Hewlett-Packard(HP)、IBM、Sun Microsystemsなどのサーバサプライヤーから、6月に発売が開始される予定だという。

 Istanbulは、旧世代のクアッドコアプロセッサと比べて、1ワット当たりのパフォーマンスが最大34%優れている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    安全なテレワークや在宅勤務を担保する、DCセキュリティの新パラダイム

  2. コミュニケーション

    PC不要!自宅でも会議室でも即ミーティングが可能!脅威のシンプルさの秘密とは?

  3. クラウドコンピューティング

    【事例動画】顧客との“つながり”を創出し「モノ」から「コト」へと実現したIoT活用法とは

  4. セキュリティ

    セキュリティ侵害への対応は万全ですか?被害を最小限にとどめるための10のヒントを知る

  5. セキュリティ

    SANS「2020 CTI調査」が明かす、サイバー脅威インテリジェンスの最新動向

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]