編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

ソニー・エリクソンがグリーン戦略を発表--携帯電話全機種が対象に

文:Mats Lewan(Special to CNET News) 翻訳校正:編集部

2009-06-05 11:45

 スウェーデンと日本の合弁会社で電話機の製造を手がけるSony Ericssonは現地時間6月4日、CO2排出量削減の目標値を発表した。

 この取り組みは、2008年9月に開始された既存の「GreenHeart」プログラムの一部で、2015年までに同社内の排出量を20%、同社製品の全ライフサイクルの排出量を15%、それぞれ削減することを目標としている。

 Sony Ericssonは、このグリーン戦略に、同社の製品ラインアップ全体を組み込む予定だ。これは、Nokiaの「Green 3110」やMotorolaの「Renew W233」のような個々のグリーン製品に注力する取り組みとは異なる。

 「わたしたちは、単一のグリーンモデルではなく、大量に販売するメインストリームモデルを展開することを望んでいる」とSony Ericssonの北米における製品マーケティング部門を率いるJon Mulder氏は、CNET Newsに話した。「わたしたちの目標は、何よりもまず、顧客に素晴らしい電話機を提供することである。その素晴らしい電話機が、環境にも配慮されたものになるということだ」(Mulder氏)

 排出量の削減方法には、紙の使用量を減らす製品の電子マニュアル提供や、輸送関連のCO2フットプリントを減らすための簡易包装材利用、再生プラスチックや低消費電力の充電器の使用、さらには、製造プロセスにおいて、地元の水を使用する水性塗料を使うことなどが含まれる。

 SonyEricssonは、まず3種類の製品を発売する。「Cybershot」搭載電話機である「C901」の新版「C901GreenHeart」、GSMと3Gに対応したベーシックモデルの「Naite」、ヘッドセットの「MH300GreenHeart」だ。

 Mulder氏によると、SonyEricssonのアプローチは現実的で、控え目なものだという。ハードウェアにGreenHeartのロゴはプリントされず、一部のソフトウェアでGreenHeartに準拠していることを示すにとどめる予定だ。

 Greenpeaceが2009年3月に発表した最新版の「GuidetoGreenerElectronics」において、SonyEricssonは10点満点中5.7点を獲得し、電子機器メーカー17社中3位という評価を得た。

 SonyEricssonは2008年6月に5.1点の評価を受けて、首位の座から陥落している、

 Greenpeaceは2008年3月、ドイツのハノーバーで開催された電子機器の国際見本市「CeBIT」において、SonyEricssonの「T650」に37製品の中で最も高い評価を与えた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]