ノベル、オープンソースアプリケーションストアの立ち上げを検討--英報道

文:Dave Rosenberg(Special to CNET News) 翻訳校正:編集部 2009年06月10日 12時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 PCPro UKは、Novellが「オープンソースアプリケーションストア経由で多様なオープンソースソフトウェアを一般ユーザーに」提供することを検討していると報じている。

 Novellは、オープンソースアプリケーションストアは、特にネットブックに関心を抱くユーザーに利便性をもたらすと考えている。これは確かに理にかなっているようにも思われるが、オープンソースアプリケーションは、初期費用を必要としないライセンス体系をとっている場合が多いことを考えると、それがビジネスモデルの確立につながるとは考えにくい。

  Novellのビジネス開発担当バイスプレジデントであるHolger Dyroff氏はPC Proに対し、「ネットブックに生じている状況とスマートフォンの状況を比べてみようと思う」と述べ、「まずは核となるエクスペリエンスがあるが、次にそのエクスペリエンスをカスタマイズする機能が必要となる。ユーザー側からは、新しいソフトウェアをクリック1つでダウンロードすることのできるオープンソースアプリケーションストアのみが見えるようにする。他のストアとは異なり、それらのアプリケーションに対して支払う必要はない。これは非常に魅力的なものとなるだろう」と語った。

  「これはオープンソースを売り込む新しい手段だ」と同氏は述べる。「オープンソースの恩恵を人々に啓発するための方法でもある」(Dyroff氏)

 悪い発想ではないが、オープンソースアプリケーションの推進という以外に何の利点があるのか不明だ。オープンソースを推進するのはよいが、そのような活動がNovell(あるいはその他の企業の)の収益を増加させることにつながるのかどうかわからない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算