編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

HDE、メール監査/アーカイブソフトウェアの最新版を発表

吉澤亨史

2009-07-28 15:16

 HDEは、メールによる個人情報などの機密情報の漏えいを防止するとともに、社内外で送受信されたメールを保存するメールセキュリティソフトウェアの最新版「HDE Mail Filter 4」を7月31日より販売する。BCC自動付加機能の追加や、メールダウンロード機能の強化、メール検索速度の向上などを図っている。

 最新版では、仮想化環境にも対応している。VMwareの「VMware ESX Server / VMware ESXi」上で稼動するゲストOS上で動作確認をしたという。これにより、たとえば添付ファイル暗号化製品である「HDE Secure Mail for ZIP」などといった他のHDE製品とHDE Mail Filterを1台のハードウェア上で稼働でき、管理コストを下げられるとのことだ。

 BCC自動付加機能については、たとえば「外部に送信するメールに、必ず上長へCCもしくはBCCをすること」というポリシーで運用していた場合、自動的に上長のメールアドレスがBCCに追加され送信される。従来の製品では、これらのルールにマッチしなかった場合にはメール送信を保留するようになっていた。

 HDE Mail Filterでは、退職者のやり取りしたメールを後任者が自分のメールクライアントに読み込みたいというような場合、必要なメールを検索した上でまとめてダウンロードし、それをインポートできるようになっている。今回、従来のeml形式に加え、mbox形式にも対応した。このほか、メールの検索速度が約3倍になり、Red Hat Enterprise Linux 5.3 for Intel x86にも対応した。

 なお、新製品の発売に合わせ、HDE Mail Filter 4を500ユーザー以上を購入した顧客に対して、メールの検索速度が向上した「Enterprise Edition」もしくは「EX-Archive Edition」を製品定価から最大33%オフで提供するキャンペーンを2010年3月31日まで実施する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]