R・ストールマン氏、オラクルのMySQL取得に異議

2009-10-23 12:37

 GNU General Public License(GPL)の作成者であるRichard Stallman氏が、欧州委員会の競争政策担当委員のNeelie Kroes氏に宛てた公開書簡で、Sun Microsystemsの買収を計画するOracleが、これによりMySQLを取得することに異議を唱えている。

 その理由についてStallman氏は「OracleはMySQLの取得を通して、MySQLデータベースソフトウェアのライセンスやサービスにおけるシェア拡大を阻止し、自社の商用データベースソフトウェアライセンスやサービスの価格を維持しようとしている」と述べる。

 また、MySQLの開発に必要な資金が充てられるかについても同氏は懸念している。MySQLが適用しているGNU GPLは、著作権者(コード制作者であることが多い)に対し、コードをプロプライエタリ製品に使用する権利を与えている。MySQLはこれまで、パラレルのライセンス体系を導入することで同データベースソフトウェアの開発資金をまかなってきたが、OracleがMySQLを取得すれば、商用ライセンスで得た売り上げがMySQLの開発に充てられる保証がなくなると、Stallman氏は書簡で述べている。

More importantly, Oracle is under no obligation to use the revenues from these licenses to advance MySQL. In making decisions in these matters, Oracle is facing an obvious conflict of interest ? the continued development of a powerful, feature rich free alternative to its core product.

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]