編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

サーバ用ディスクコピーツール最新版提供へ--Windows Server 2008 R2対応

田中好伸(編集部)

2009-11-20 14:04

 ライフボートは11月20日、サーバ用ディスクコピーツールの最新版となる「LB コピー ワークス11 Server」を11月27日から販売することを発表した。価格は3万1500円。「Windows Server 2008 R2」に対応する。

 コピー ワークス11 Serverは、Windows Server 2008 R2に対応したほか、64ビット版Windowsへの対応、SSDにも対応する。CD起動時の環境は、Windowsプレインストール環境の最新版「Windows Preinstallation Environment(PE)2.1」になっている。

  • Windows 2000 Server/Professional、Windows XP/Vista/7、Windows Server 2003、Windows Server 2008/2008 R2、Linux
  • FAT16/32、NTFS、HPFS、Linux Ext2/Ext3/ReiserFS、Linux Swap

 Windows PE 2.1を採用することで、最新のハードウェア環境への対応が強化されており、ユーザー自身でドライバを追加することで新しいチップセットなどの最新の環境に素早く対応できるとしている。コピー可能なOSと対応するファイルシステムは右の通り。

 コピー ワークスシリーズは、ハードディスク(HDD)のコピーを作成するユーティリティソフト。今使っているOSやアプリケーション、WordやExcelなどの文書ファイル、環境設定をそのまま他のHDDにコピーする。

 HDDの交換時に、使用中のHDDのバックアップをはじめ、OSやアプリケーションのインストール、環境設定、バックアップからの復元など時間とコストをかけることにならざるを得なかったが、コピー ワークスを使うことで、総所有コスト(TCO)低減に効果をもたらすと同時に、HDD自体のバックアップを兼ねることで、万一のダウンタイムを最小限に低減することができるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]