情報爆発時代、圧縮と重複排除を防波堤とする--米Ocarina Networksの挑戦

大川淳 2010年01月04日 10時22分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 通信技術をはじめとするITの発達により、社会のさまざまな局面での利便性は非常に高まった。しかし一方で、新たに発生するデータ、扱わなければならないデータの量も飛躍的に増大し、その状況は「情報爆発」などといわれる。

 企業にとっては、膨大なデータ量をいかにうまく蓄積し、管理制御するかが大きな課題となっている。その解決が競争力の源泉になると見られているからだ。

 米国のOcarina Networksは、これらの問題を圧縮技術の革新で対処しようとしている。同社は2005年10月に米国カリフォルニアで誕生したベンチャー企業。Ocarina Networksのセールス担当バイスプレジデント、Eric Scollard氏に同社の目指す道について聞いた。

データ量が巨大化する現状をどう見ているか?

Eric Scollard氏 Eric Scollard氏

 この数年、企業で扱われるデータは大変な勢いで増えるばかりであり、ストレージを増設するよりは、データをいわばインテリジェントに圧縮する方が合理的であるとの考え方が出てきた。

 しかし、これはそれほど簡単なことではない。データごとに形式が異なっているため、技術的に要求されるものが高いのだ。たとえば、JPEGのようにすでに圧縮されているものをさらに圧縮することは特に困難だ。

Ocarina Networksの技術は従来の圧縮手法とどこが異なるのか

 当社のアプローチは、圧縮と重複排除を組み合わせたことにある。

 我々は独自技術「Content-Aware」を活用してファイル内のファイルまでを精査、サブファイル、オブジェクトのレベルまで検証する。その結果、共通性のある要素を見つけると、それらは単一のものとして重複排除するのだ。

 また、たとえば電子メールと画像ではそれぞれ異なる方法で圧縮している。それで高い圧縮率を達成できるのだ。単一の手法では多様な種類のファイルを圧縮しても、高い圧縮率を得られない。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

連載

CIO
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算