編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

情報爆発時代、圧縮と重複排除を防波堤とする--米Ocarina Networksの挑戦

大川淳

2010-01-04 10:22

 通信技術をはじめとするITの発達により、社会のさまざまな局面での利便性は非常に高まった。しかし一方で、新たに発生するデータ、扱わなければならないデータの量も飛躍的に増大し、その状況は「情報爆発」などといわれる。

 企業にとっては、膨大なデータ量をいかにうまく蓄積し、管理制御するかが大きな課題となっている。その解決が競争力の源泉になると見られているからだ。

 米国のOcarina Networksは、これらの問題を圧縮技術の革新で対処しようとしている。同社は2005年10月に米国カリフォルニアで誕生したベンチャー企業。Ocarina Networksのセールス担当バイスプレジデント、Eric Scollard氏に同社の目指す道について聞いた。

データ量が巨大化する現状をどう見ているか?

Eric Scollard氏 Eric Scollard氏

 この数年、企業で扱われるデータは大変な勢いで増えるばかりであり、ストレージを増設するよりは、データをいわばインテリジェントに圧縮する方が合理的であるとの考え方が出てきた。

 しかし、これはそれほど簡単なことではない。データごとに形式が異なっているため、技術的に要求されるものが高いのだ。たとえば、JPEGのようにすでに圧縮されているものをさらに圧縮することは特に困難だ。

Ocarina Networksの技術は従来の圧縮手法とどこが異なるのか

 当社のアプローチは、圧縮と重複排除を組み合わせたことにある。

 我々は独自技術「Content-Aware」を活用してファイル内のファイルまでを精査、サブファイル、オブジェクトのレベルまで検証する。その結果、共通性のある要素を見つけると、それらは単一のものとして重複排除するのだ。

 また、たとえば電子メールと画像ではそれぞれ異なる方法で圧縮している。それで高い圧縮率を達成できるのだ。単一の手法では多様な種類のファイルを圧縮しても、高い圧縮率を得られない。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]