日本のマルウェア検知数は世界第2位--フォーティネット調査

梅田正隆(ロビンソン)

2010-01-12 20:19

 フォーティネットジャパンは1月12日、「フォーティネットウイルス対処状況レポート(2009年12月度)」として、脅威トップ10や最新のマルウェアなどのランキングを発表した。

 発表されたランキングは、2009年11月21日〜12月20日までの期間において、フォーティネットのFortiGateネットワークセキュリティアプライアンスとインテリジェンスシステムが検知した情報をもとに作成している。

 脅威トップ10のうち、4つの脅威(MS.DCERPC.NETAPI32.Buffer.Overflow、Waledac.Botnet、MS.IE7.Deleted.DOM.Object.Access.Memory.Corruption、SMTP.Auth.Buffer.Overflow)は「緊急」にランク付けられた深刻なものだ。日本のマルウェア検知数は米国に次いで2位だった。

 また、FortiGuard IPSは、集計期間において新たに157件の脆弱性を検知したと報告。新たに見つかったこれらの脆弱性のうち、29.3%にあたる46件は積極的な攻撃を仕掛けたとしている。

 全体的には、ZBot、Bredolab、Pushdo/Cutwailが記録的な活動を繰り広げた10月、11月が過ぎ、12月のマルウェアの総量は10月以前の水準に戻ったが、Bredolabローダーはたいへんな勢いで今月の首位となり、検知されたマルウェア活動総量の66.5%と、とてつもない割合を占めたと警告している。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]