編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

新日鉄ソリューションズ、Googleアース関連サービスのデジタル・アースに出資

富永恭子(ロビンソン)

2010-01-26 17:56

 新日鉄ソリューションズは1月26日、Google Earth Enterpriseをプラットホームとして日本国内向けにコンテンツ配信サービスを提供するデジタル・アースへ出資したことを発表した。出資比率は17.0%。今回の出資により、同社はデジタル・アースが展開する事業との連携を強化していきたいとしている。

 デジタル・アースは2005年9月設立以降、衛星画像、航空写真、地図、高さ情報(標高)、都道府県名および行界区分、道路、河川といった情報を組み合わせ、日本全土の膨大なデータを3D表示して閲覧できるサービスを提供している。今回の提携に併せて、コンテンツ配信サービスに使用している配信サーバを新日鉄ソリューションズが保有するデータセンターに移設するという。これにより、セキュリティや可用性の観点から、コンテンツ配信サービスの信頼性をより高めることができるとしている。

 新日鉄ソリューションズは、これまでクラウドコンピューティングをITビジネスにおける第4の潮流と位置づけて、2008年4月からクラウド環境をユーザーに先駆けて導入し、自社内での利用を進めると同時に、ITインフラサービス「absonne/アブソンヌ」を中心にクラウドへの取り組みに注力してきた。同社では、今後もさまざまなパートナーとの連携を通じ、クラウドコンピューティングサービスを加速して展開していくとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]