編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

インテルとマイクロン、25ナノプロセスの8Gバイトフラッシュメモリを開発

日高彰

2010-02-03 10:35

 IntelとMicron Technologyは2月1日(米国時間)、量産製品としては最も微細な25ナノメートルプロセス技術を用いたNAND型フラッシュメモリを開発したと発表した。同日よりサンプル出荷を開始し、2010年第2四半期より量産出荷を行う予定。

 開発したのは1セルあたり2ビットの記録を行うMLC(Multi-Level Cell)タイプのNAND型フラッシュメモリで、167平方mmのチップ1個で8Gバイトの容量を実現した。応用製品としては、携帯音楽プレーヤーやスマートフォンといったコンシューマー向け家電製品、SSDなどが挙げられている。プロセスの微細化が進むことで、記録容量あたりの製造コストの低下が期待できるほか、チップ実装面積を削減することが可能。IntelとMicronの合弁で2006年に設立されたIM Flash Technologiesによって製造される。

 Intel、Micronの両社はフラッシュメモリの集積密度を1年半ごとに倍増させることを目指している。今回の発表は2008年6月に34ナノメートルプロセス製品のサンプル出荷を開始してから約20カ月後にあたり、おおむねロードマップ通りのスケジュールとなっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]