編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

ジュニパー、無線ネットワークのアップグレード用3製品を発表

文:Larry Dignan(ZDNet.com) 翻訳校正:湯本牧子、高森郁哉

2010-02-15 10:43

 スペインのバルセロナで開催される2010 Mobile World Congressで現地時間2月15日、Juniper Networksは3G、4G、およびLTE(Long Term Evolution)へのアップグレードで得られる売り上げの取り分を増やすべく、モバイルネットワークプロバイダー向けの3製品を披露する予定だ。

 Juniperは、ネットワークが収束(コンバージェンス)に向かっていることを認識している。同社のサービスプロバイダーマーケティング担当バイスプレジデントであるMallik Tatipamula氏によれば、モバイルネットワークは固定回線のブロードバンドインフラと非常によく似たものになるという。

 これらのいわゆる収束型ネットワークは、米国外で影響力が高まっており、米国においても今後数年で普及する可能性が高い。

 Juniperはこの点を念頭に置き、2月15日にMobile World Congressで以下の3製品を発表する。

  • 「Juniper Traffic Direct」:Traffic Directは、スマートフォンやネットブック、ノートPCからのデータトラフィックを管理するよう設計されている。大量のデータトラフィックをインターネットにオフロードする(追い出す)ことで、無線ネットワークの混雑を回避するという発想だ。提供開始予定は2010年第2四半期。
  • 「Juniper Media Flow」:この製品は、モバイル端末上で「テレビのような体験」を提供するためのコンテンツ配信ネットワークとして稼働する。Media Flowは、Ankeena Networks製ソフトウェアを使用して動画のビットストリーム配信を円滑に行う。提供開始予定は2010年第2四半期。
  • 「Juniper Mobile Core Evolution」:Juniperは、3Gおよび4Gサービスの収益化を改善するため、安全なパケットを提供することを目指している。Mobile Core Evolutionは、Juniperの「MX 3D」ルータ製品群および「Junos」ソフトウェアを使用する予定だ。狙いは、通信事業者各社が統合されたネットワーク上で新たな収益源を生み出せるようにすることだ。ベータ版の提供開始予定は2010年第4四半期。

 Juniperは、移動体通信事業者向けにサービスを提供するベンダーの中で下位に甘んじている。実際、AT&Tは2月10日、LTEへのアップグレード用機器サプライヤーとしてAlcatel-LucentおよびEricssonとの提携を発表した。とはいえ、Juniperは、大手通信事業者すべてにルータを提供している。JuniperのTatipamula氏は、同社が水面下で進行するネットワークの収束にあわせてシェアの拡大を目指していると述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    テレワークで起こりがちなトラブルの原因「資料が自宅から閲覧できない」にどう対処する?

  2. 経営

    CIOが成功するための最大の条件は「CEOとの連携」にあり?!516名のCIO調査を紐解く

  3. 経営

    【働き方改革事例】PCの調達・管理に関する不安を解決するサブスクリプションサービス

  4. クラウドコンピューティング

    【DX解説書】もっともDXに不向きな〇〇業界が取り組むべき改革とは?

  5. クラウドコンピューティング

    今すぐ「働き方改革」に着手するべき、2つの理由と改革への第一歩

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]