編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

ジュニパー、デルと提携--PowerConnectブランドでMXシリーズなどをOEM提供

鳴海淳義(編集部)

2009-10-30 16:18

 Juniper Networksは10月29日、ニューヨーク証券取引所で会見を開き、DellやIBMなどとパートナーシップ契約を結んだことを発表した。

 Dellは同社のPowerConnectブランドでJuniperのルータ製品「MXシリーズ」、イーサネットスイッチ「EXシリーズ」、サービスゲートウェイ「SRXシリーズ」を販売する。

 Juniperは7月にIBMとの間で、MXシリーズとEXシリーズのOEM契約を締結している。同日の発表では、これらに加えてSRXシリーズもOEM提供されることが明かされた。

 さらにJuniperはJunosソフトウェアの初のライセンシングパートナーとして、Blade Network Technologiesと提携した。Blade Network Technologiesは今後、Junos OSをベースにブレードスイッチの開発を進める。

 そのほかActive Broadband Networks、Ankeena Networks、Harris Stratex、Packet Design、Q1 Labs、Telchemy、Telecom Italia、Triveni Digitalがパートナーとなり、Junosソフトウェアを使用してアプリケーションを開発することが発表された。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]