編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

「Safari」にJavaScriptの脆弱性--US-CERTが警告

文:Topher Kessler(CNET News) 翻訳校正:矢倉美登里、高森郁哉

2010-05-12 13:25

 米コンピュータ緊急事態対策チーム(US-CERT)が「Safari」に脆弱性を発見した。ハッカーはこの脆弱性を突くことで、ユーザーが悪意あるウェブページを訪問した際に、現行ユーザーアカウントの権限レベルで任意のコードを実行できるようになる可能性があるという。

 米国時間5月10日にUS-CERTのウェブサイトで概説されたこの問題は、SafariがHTML DOMのウィンドウオブジェクト参照を適切に処理できず、対応するウィンドウオブジェクトが削除されていてもDOMのウィンドウ参照の存在を許可するために起きる。残った参照ポインタは、JavaScriptでコードを実行するのに利用可能で、ユーザーにつけ込むのに悪用される可能性がある。この脆弱性をつくコードはすでに出回っているようだ。

 これまでのところ、この問題はWindows版のSafariで確認されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]