iOS 4で強化された4つの企業向け機能

海上忍

2010-06-23 11:24

iPhoneの企業向け機能の“これまで”を振り返る

 他のApple製品の例に漏れず、iPhoneは2007年のデビュー当初から一貫して個人ユーザーにターゲットを絞ってデザインされてきた。スマートフォンカテゴリとして比較されることが多いBlackBerry端末と比較すると、BlackBerry Enterprise Server(BES)のように堅牢なバックエンドソフトウェアが存在しない、グループウェア端末としての機能に乏しい、という傾向は否定できない。

 その大まかな方向性に変化はないが、変化の兆しが見え始めたのは2008年7月にリリースされた「iPhone OS 2.0」のとき。Microsoft Exchange ActiveSyncとCisco IPsec VPNのサポートや、IEEE 802.1x認証への対応は、いずれも企業ユーザからの要望に応えたものだ。

 2009年リリースのiPhone OS 3.0では、文書作成作業の効率化において不可欠な「コピー&ペースト」をようやくサポート。純正の一部アプリ以外はマルチタスク処理が認められないことに変化はなかったものの、メッセージを瞬時に伝達できるプッシュ通知機能も用意された。

エンタープライズ向けの着実なアップデート

 今回のiOS 4は、マルチタスキングやフォルダのサポートなど、操作性の改善に重点が置かれたアップデートとなっている。正式発表されたWWDC 2010の基調講演においても、企業向け機能のアピールは控えめであり、実際にiOS 4を試してもフォトジェニックな機能は見当たらないが、見直すべきところは見直すといった印象の機能強化が施されている。次ページで、特筆すべき箇所をピックアップしてみよう。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]