SMB向けクラウドサービス市場は630億円規模--インフラコスト高く移行は緩やか

田中好伸 (編集部)

2011-11-28 16:00

 パラレルスは11月28日、日本の中堅中小企業(SMB)400社を対象にクラウドサービスの利用状況や今後の計画などを調査したレポート「Parallels SMB Cloud Insights 日本版」を発表した。2011年の日本のSMB向けクラウドサービス市場規模を630億円と推定、今後数年間で75%以上拡大すると予測している。

 レポートでは、SMBにとって魅力的なクラウドサービスの種類、日本のホスティング市場で収益拡大を目指すサービスプロバイダーにとって成長を見込める分野を分析している。SMBの定義は従業員1~250人としている。

 今回調査対象となったのは、SMBにとって重要なクラウドサービス分野である「ホスト型インフラ」「ウェブプレゼンスサービス」「ホスト型コミュニケーション/コラボレーション」、そのほかの一般的な領域を総称した「そのほかのオンラインアプリケーション(SaaS)」。2011年の市場規模を見ると、ホスト型インフラが320億円、ウェブプレゼンスサービスが310億円と予測している。

 日本のSMB市場についてレポートは、会社の規模やIT技術者の状況で、クラウドサービスのニーズや購入動機に相違があると説明。サービスプロバイダーに対して、提供する各サービスについて日本のSMB市場の中で層を絞り込む必要性があると主張している。具体的には(1)ITスタッフ不在、(2)ITコンサルタントを利用する、(3)専任のITスタッフが常駐――という3つの属性に分類している。

 Parallelsのサービスプロバイダアプライアンスとマーケティング担当バイスプレジデントを務めるJohn Zanni氏は、「日本は昔からIT先進国として定評があるが、インフラコストが高いため、クラウドサービスへの移行は緩やか」と説明。今回のレポートが「クラウドビジネスで成功を目指すサービスプロバイダーの手引きになる」とコメントしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]