山形県がMS Officeを再評価、2014年度中に全庁導入--OSSから回帰

怒賀新也 (編集部) 2013年09月05日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 山形県が業務の効率化のためにMicrosoft Officeを再評価し、2014年度中に全庁で導入する。日本マイクロソフトが9月4日に発表した。一度はオープンソース「OpenOffice.org」に移行したユーザーが、Officeを再評価し、戻ってきた事例としてアピールしている。

 山形県は、2002年に職員1人1台のPCを導入した際に、OSと事務ソフトとしてWindows XP、Office XPをそれぞれ採用した。だが2011年のOffice XPのサポート終了に際し、業務で作成した文書を永続的に活用できる汎用的なファイル形式を保つことを主な目的に、OpenOffice.orgを全面採用した。

 OpenOffice.orgを2年近く運用する中で、民間、国、他の自治体などから送付されるOfficeのファイルをビューアやオフィスソフトで閲覧すると、書式やレイアウトなどが崩れる事象が発生することが分かった。手作業で細かな修正を行う頻度が予想より多かったり、Officeを導入した共用PCの利用率が想定以上に高くなったりしていたという。

 山形県は2012年にOfficeを再評価に動いた。その結果、Office 2007以降では、PDF やxml、OpenDocumentなどの形式でファイルを保存することが可能になり、永続的な活用が可能になっていること、オープンソースのコミュニティを母体とした開発と異なり、マイクロソフトの製品やサービスには、数年単位で開発のロードマップが提示されていたこと、メジャーバージョンアップだけでなく、サービスパックの配布を通じてサポートが受けられることなどを評価した。

 そして、庁内のPCにOfficeを順次導入し、最終的には全庁で利用できるようにすることを決めた。クライアントOSのアップグレードも並行して進行しており、2013年中には県庁職員と高校教員が使用するPCのOSをWindows 7に移行させる。

 山形県企画振興部情報企画課で課長を務める奥山卓郎氏は「公共機関としては長期にわたってドキュメントを運用、保持していく必要があるため、ベンダー主導による一過性のファイル形式に頼るのは好ましくない。だがOfficeはxml、PDF、OpenDocumentなどの形式にまで対応しているため、業務用のツールとして有用」として、今回の再評価と導入の決定についてコメントしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算