編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

NSA、35カ国の首脳の通話を盗聴か--The Guardian報道

Zack Whittaker (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2013-10-25 12:21

 米国家安全保障局(NSA)の元契約職員Edward Snowden氏が漏洩した最新の文書は、35カ国の首脳の電話がNSAによって監視されていることを示している。

 このニュースを最初に伝えたThe Guardianによると、200件を超える電話番号が米政府職員から手渡されたという。その中には、35人の首相や大統領の電話番号も含まれるが、いずれも流出した文書に名前は挙がっていない。

 だが、こうした監視からは「報告価値がある情報はほとんど」得られなかった。このことは、各国の首脳は現代においても、国家安全保障にとって極めて重要なこと(または、何らかの関連性があること)について電話で話そうとはしないということを示唆している。

 2006年の日付があるメモには、35件の電話番号が「その後に監視対象となった他の番号につながる重要な情報を(提供する)」のに役立ったという説明がある、とThe Guardianは報じている。

 今回のニュースが報じられた前日の米国時間10月23日には、ドイツ紙Der Spiegelの記事がAngela Merkel独首相に対する盗聴行為を初めて報じたのを受けて、Jay Carney米大統領報道官が、米国はMerkel首相の通話を監視していないと発表している。だが、この声明は、念入りに作成されてはいたものの、過去の盗聴疑惑について一切触れていないことから、独政府関係者の懸念を払拭する役には立たなかった。

 Reutersによると、こうした監視が行われていたとすれば、同盟関係にある米独2カ国間の「信頼を裏切る重大な行為」だ、と独首相報道官は述べたという。

 20日には、メキシコのFelipe Calderon前大統領の電子メールがNSAによって傍受されていたと報じられた。NSAは、「外交や経済、内政に関する通信」を傍受できたという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]