SDN、実環境に適用する段階に--NFV、キャリアでの期待高まる:IDC分析

山田竜司 (編集部) 2014年04月04日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IDC Japanは4月3日、SDN(Software-Defined Network)とNFV(Network Functions Virtualization)の国内市場動向の分析結果を発表した。同市場はOpenFlowとSDNのブームに沸いた2012~2013年と比べると、SDNの導入が現実感を帯び、 SDNを現実のネットワーク環境への適用に踏み出す段階と説明する。

 先行しているデータセンターでのSDNは、2014年にさらに本格化し2017年には市場規模が342億3400万円と予測する。また、キャリアSDNとNFVは、2016年以降に急速に立ち上がり、2017年の市場規模はそれぞれ366億5600万円、560億4900万円とIDCでは予測する。

 SDNの理解が進んでいる一例として、ネットワークの適応領域でSDNが指すものが明確に使い分けられ始めていると指摘。データセンター向けSDNは、クラウドサービスが提供するネットワーク機能を迅速かつ効率的に提供することを中心として求められる機能を持ち、アーキテクチャも収束しはじめているという。企業でのSDNは、ネットワーク機器の一元管理と論理ネットワークの面的拡大ととらえられているとした。

 キャリアでのSDNとNFVは、データセンターや企業でのSDNからは遅れて議論が始まったが、キャリアが求める次世代のネットワーク基盤に関する議論が深まる中で、ユースケースの明確化や選別が進むと見られると説明している。

 現時点では、キャリアでのSDNとNFVの適用範囲は、特定分野に絞り込まれてはおらず広く議論されている段階とした。今後、キャリアの次世代ネットワーク基盤に関する議論が深まる中で、ユースケースの明確化や選別が進むと見られると説明している。

 国内のSDNとNFVは、適用領域で進度は異なるが、現時点では概念検証(Proof of Concept:POC)の段階にあるとした。企業でのSDNは、データセンターと比べて需要制が乏しく、データセンターでのSDN市 場の約4分の1程度の規模にとどまると予測している。


2012~2017年国内SDNエコシステム市場 売上額予測(IDC提供)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算