編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

SDN、実環境に適用する段階に--NFV、キャリアでの期待高まる:IDC分析

山田竜司 (編集部)

2014-04-04 07:30

 IDC Japanは4月3日、SDN(Software-Defined Network)とNFV(Network Functions Virtualization)の国内市場動向の分析結果を発表した。同市場はOpenFlowとSDNのブームに沸いた2012~2013年と比べると、SDNの導入が現実感を帯び、 SDNを現実のネットワーク環境への適用に踏み出す段階と説明する。

 先行しているデータセンターでのSDNは、2014年にさらに本格化し2017年には市場規模が342億3400万円と予測する。また、キャリアSDNとNFVは、2016年以降に急速に立ち上がり、2017年の市場規模はそれぞれ366億5600万円、560億4900万円とIDCでは予測する。

 SDNの理解が進んでいる一例として、ネットワークの適応領域でSDNが指すものが明確に使い分けられ始めていると指摘。データセンター向けSDNは、クラウドサービスが提供するネットワーク機能を迅速かつ効率的に提供することを中心として求められる機能を持ち、アーキテクチャも収束しはじめているという。企業でのSDNは、ネットワーク機器の一元管理と論理ネットワークの面的拡大ととらえられているとした。

 キャリアでのSDNとNFVは、データセンターや企業でのSDNからは遅れて議論が始まったが、キャリアが求める次世代のネットワーク基盤に関する議論が深まる中で、ユースケースの明確化や選別が進むと見られると説明している。

 現時点では、キャリアでのSDNとNFVの適用範囲は、特定分野に絞り込まれてはおらず広く議論されている段階とした。今後、キャリアの次世代ネットワーク基盤に関する議論が深まる中で、ユースケースの明確化や選別が進むと見られると説明している。

 国内のSDNとNFVは、適用領域で進度は異なるが、現時点では概念検証(Proof of Concept:POC)の段階にあるとした。企業でのSDNは、データセンターと比べて需要制が乏しく、データセンターでのSDN市 場の約4分の1程度の規模にとどまると予測している。


2012~2017年国内SDNエコシステム市場 売上額予測(IDC提供)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]