25の企業向けSaaSを提供するZOHOのフリーミアム戦略

山田竜司 (編集部) 2014年06月25日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 無料で使えるスマートフォン向けアプリが多いように、企業ITにも無料で使えるSaaS型アプリがある。サイボウズのSaaS型グループウェア「サイボウズLive」はグループと呼ばれる情報共有のスペースを無制限に作ることができ、300ユーザーまで無料で利用できる。サイボウズを知らない人に同社を知ってもらうきっかけを作るためのプロダクトと位置付けているという。

 他にも企業向けSNSの「Yammer」やアンケート作成ツールの「SurveyMonkey」、プロジェクト管理の「Teamoffice」など分野もさまざまだ。

 SaaSをまずは無料で利用してもらう、いわゆるフリーミアム戦略の狙いは、まずは利用にあたってのハードルをできるだけ下げ、より多くのユーザーに機能を知ってもらうことにある。SaaSで提供される機能や性能が、ユーザーの要件にあっているかどうかを実際に操作することで確認してもらおうというわけだ。

 一般に、導入のハードルが高いと言われる企業向けアプリケーションを、無料とは言え気軽に使うユーザーが増えていることの背景には、通信回線の品質向上があると考えられる。クレジットカードがあれば、ほんの数分で導入でき、気に入ったら使い続けられる。シャドーITを懸念する、企業のIT部門にとっては悩みのタネかもしれないが、導入のしやすさはSaaSが持つ魅力の1つだ。


米ZOHOの開発マネージャー Shanmuga Perumal氏

 SaaS形式で顧客情報管理システム(CRM)を提供する米ZOHOに話を聞いたところ、「Zoho CRM」を中心に、多くの企業向けソフトウェアをSaaSで展開する同社は、順調に業績を伸ばしているという。CRM以外にもリード(見込み顧客)管理アプリやメール配信、名刺スキャンアプリ、請求情報管、文書管理などの25のSaaSを提供している。

 競合企業と同様、多数のSaaSをフリーミアムで展開する背景には、ZOHOがネットワーク管理システム開発ツールの「WebNMS」や統合ネットワーク管理ツール「ManageEngine」など他の製品で収益を上げていることがある。

 有料版も比較的安価で提供しているケースが多い。Zoho CRMの最上級プランはレコード数無制限で、カスタマイズも可能。メール配信サービスなどのマーケティングツールも含めても、ユーザーごとに必要な費用は年間7万円程度となっている。

 開発マネージャーのShanmuga Perumal氏によると「米国や欧州などの英語圏が、インドや中国、ブラジルも毎年50~60%成長でユーザー数が増加している」という。フリーミアムにより、今までシステム化を推進してこなかったユーザーも取り込んでいるとのことだ。

 Zoho CRMは無料で3ユーザー、5000レコードまで利用できる。「日本語に対応したSaaS型CRMをフリーミアムで提供しているところはあまりない」という。ベトナム語やポーランド語などを含めた13言語に対応している。ほとんどの製品のAPIを公開することで、ほかのさまざまな製品やサービスと連携できるようにした。直接の競合とも言える「Google Apps」や「Salesforce.com」との連携も可能であり、導入しやすさや連携しやすさを念頭に置いているとも表現できる。

 無料ユーザー向けに広告を提供して回収する“広告モデル”でないことも導入を後押ししている。Google Appsの無料版が2012年末に提供中止となった。それに加え、Gmailは、メールをスキャンして広告を掲載するモデルを採用しているため、それを嫌ったユーザーが「Zohoメール」を利用しているとのこと。

 2012年1月に無料、有料を含めた500万だったZOHOサービス群のアカウント数は現在は1000万を超えた。販売する側にとってSaaS型アプリケーションは一定額を定期的に収益として受け取れるのが利点であり、有料ユーザーが増えれば安定した収益が期待できる。一方で、参入障壁が低い分、同様のサービスが乱立することにもなり、値下げ圧力が生じたり、差別化が難しくなったりする懸念もある。

 ZOHOの取り組みから、SaaSをグローバル展開する場合、機能や、利用料金、ユーザー体験に加えて、他のアプリケーションと連携するためのAPIの公開、多言語対応などが重要になってくることが見えてくる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]