IT投資、セキュリティやモバイルに注力--IT部門が関与しない予算が台頭:IDC

山田竜司 (編集部) 2014年07月03日 13時01分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IDC Japanは7月2日、国内の企業や団体1220の最高情報責任者(CIO)などIT部門責任者を対象としたIT投資動向調査の結果を発表した。2014年度の国内企業のIT支出は、2013年度とほぼ横ばいで推移し、セキュリティとモバイル領域に注力する企業が多い見込みという。

 2014年度のIT予算が前年比で「ほとんど/全く変わらない」とする企業は前年比0.3ポイント減の66.3%。投資を計画している領域は「ネットワーク、施設、ハードのセキュリティ強化/情報漏えい対策」が17.1%で1位、「モバイル機器用システム」が16.4%で2位だった(複数回答)。IT投資が横ばいの中、この2つの領域は企業の規模を問わず、IT投資の対象になるとIDCは予測している。

 営業やマーケティングなど業務部門でのIT活用強化の傾向を受け、調査では情報システム部門が関与しない、業務部門独自のIT予算(情報システム部門非関与予算)の状況をたずねている。情報システム部門非関与予算が「ある/あると思う」という回答は、全体では19.8%、従業員規模1000人以上の大企業では38.8%だった。情報システム部門非関与予算が増加する理由としては、「現場の要件をより迅速にシステムに反映するため」が1位、「新たなテクノロジやIT製品/サービスに対する情報システム部門のスキル不足」が2位だった。

 IDCは、情報システム部門が対応しきれていない領域に対してユーザー部門が自ら予算を割き、積極的に関与しようとしている動きの表れと見ている。

 調査によると、大企業を中心に海外、特にアジアを中心に投資している企業が増えているという。今後3年間の計画では、中心的投資先だった中国から東南アジアへのシフトが鮮明になっており、海外向けのIT支出が伸長するという見解を述べた。


情報システム部門非関与予算の有無:従業員規模別

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算