Oracle OpenWorld 2014

Oracle Cloudポートフォリオを拡大--ビッグデータなど6サービスを新規追加

ZDNet Japan Staff

2014-10-01 04:06

 米Oracleは年次ユーザーカンファレンス「Oracle OpenWorld San Francisco2014」を開催しており、数多くの新製品やサービスが発表されている。9月29日に発表した「Oracle Cloud Platform」では、ビッグデータ分析、ソーシャル、モバイルを活用するアプリケーションの開発と導入を支援していく。

 Oracle Cloud Platformは、顧客やパートナーがすばやく簡単に新規アプリケーションを構築し、Oracleが提供するSaaSの機能拡張や、既存のオンプレミス型アプリケーションからクラウドへの移行をできるようにする。「Oracle Database」「Java」「Oracle Fusion Middleware」など既存製品の性能や信頼性、拡張性、セキュリティ機能をベースに、マルチテナント機能、インメモリアナリティクス、モバイル機能、ソーシャル機能を提供していく。

 Oracle Cloud Platformの投入により、Oracle Cloudで提供していたプラットフォームサービスをさらに拡大させ、ビッグデータ分析、統合、プロセス管理、Java Platform、Java Standard Edition、サーバ側のJavaScript環境であるNode.jsへの対応など6つの機能を追加する。

 全体としては、SaaS、PaaS、DaaS(Data-as-a-Service)、IaaS(Infrastructure-as-a-Service)を横断する幅広いパブリッククラウドサービスのポートフォリオが提供する狙いがあるという。

 データ、アプリケーション、プラットフォーム、インフラストラクチャといったさまざまなレイヤを横断する統合型サービスの広範なポートフォリオを持つ点で、他社との差別化を図る考えだ。

 Oracle OpenWorld 2014のレポートはこちら

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]