編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
Oracle OpenWorld 2014

「Oracle OpenWorld 2014」--会長兼CTOのエリソン氏の講演で開幕

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 川村インターナショナル

2014-09-29 13:08

 サンフランシスコ発--今週は当地で、Oracleの年次イベント「Oracle OpenWorld 2014」が行われている。米国時間9月28日のオープニングキーノートに登壇したのは、同社の最高技術責任者(CTO)Larry Ellison氏だ。

 多くのアナリストが予想する通り、Oracleがまず話題にしたのは自社のクラウド事業だった。

 Ellison氏は2014年をOracle、なかでもとりわけクラウド事業のターニングポイントになると説明する。同氏によれば、クラウドの全3レイヤーのサービスをOracleで提供しなければならないことに、自身や社全体が数年前に気づかされたという。

Oracle OpenWorld 2014に登場したLarry Ellison氏
Oracle OpenWorld 2014に登場したLarry Ellison氏

 「30年前に顧客に対して約束していたので、SaaSにPaaS、IaaSを一括して提供する必要があった。他に選択肢はなかった」(Ellison氏)

 SaaSレイヤーでは、2014年に社内開発したものと買収で取得したものをあわせてOracleが業界最大のポートフォリオを提供していると、Ellison氏は主張する。

 さらに同氏はOracleが「Salesforce.comにとって、ハイエンドレベルの唯一の競合」であると言い、さまざまなサービスアプリケーションで「戦っている」とした。

 「Salesforce.comは機会の把握を支援するのが得意」と述べるEllison氏は、Oracle製品の差別化ポイントはマーケティングクラウドなどのサービスが「販売キャンペーンの実施を支援し、外出や新しい機会の追求に必要なリファレンスデータベースや全てのツールを営業職員に提供する」点にあると述べた。

 Ellison氏は、ここ1年の間に展開した多数の新しいクラウドアプリをアピール。この間にSaaSの利用顧客が2000以上増えたという。

 「われわれは誰よりもコアなHCMを販売している。守りの地位にあるSalesforce.comに対して初めて優勢に立っている」(Ellison氏)

 しかし、同日のOpenWorldで明らかになった最大の変化は、Oracleおなじみのデータベースだ。

 Ellison氏はこのデータベースの進化をコンピューティングの「第4世代」と呼び、マルチテナント式のデータベースクラウドサービスを概説した。


ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]