日本法人が主導--アドビ、パワポファイルを電子カタログ化する機能を提供

三浦優子 2014年10月03日 17時24分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アドビシステムズは10月2日、「Microsoft PowerPoint」で作成したファイルを電子出版向けソフトウェア「Adobe Digital Publishing Suite(DPS)」に取り込む機能「DPS Export for PowerPoint」の提供を開始した。

 従来、電子出版ではレイアウトソフト「Adobe InDesign」を利用する必要があった。出版社以外の一般企業では、PowerPointを使ったプレゼンテーション資料や営業資料が多く、これをそのまま利用して電子カタログを作成したいという声が企業側から上がっていた。

 今回の製品は、その声を受け日本のR&Dチームが開発を担当。本社にアピールし全世界でリリースする。日本法人の社長に就任した佐分利ユージン氏が社長就任会見の中で言及した「日本発の製品が今後いくつか登場する」の該当製品第1弾となる。

 企業では営業マンが客先で見せる電子カタログなどとして活用。どのページが何回閲覧されているかなどの記録が取れることから、その成果を今後の製品開発などに生かせるという。

岩本崇氏
アドビシステムズ マーケティング本部 デジタルメディア マネージャー 岩本崇氏
永易美明氏
アドビシステムズ シニアコンピュータサイエンティスト 永易美明氏

本社CEOから評価

 DPSは当初、出版社をターゲットにビジネスをスタート。現在では、一般企業のカタログ、販促ツール作成へと用途が拡大している。

 「日本ではNTTドコモ、キヤノン、リコー、日産、スズキ、ソニー、富士通など採用する企業ユーザーが増加している。従来は紙によるコミュニケーションしてきた企業が、アプリケーションを使って顧客とコミュニケーションするようになってきたことで活用が広がっている」(マーケティング本部 デジタルメディア マネージャー 岩本崇氏)

 その際に「出版のために最適化されたInDesignは、一般企業にとっては敷居が高い」という声が上がっていた。そこで今回、DPS Export for PowerPointが誕生した。

 企業が利用する販促ツールにはPDFや「Microsoft Word」が活用されているが、「DPSの最大の特徴はインタラクティブであり、動画や音声などを交えたドキュメントにアクションを付けられる。企業が日常的に利用しているPowerPointファイルを活用することで、インタラクティブなDPSの特徴を生かせる」(シニアコンピュータサイエンティスト 永易美明氏)という理由から、PowerPointファイルからエクスポートすることとした。

 エクスポートしたファイルは、PCだけでなくiPadで利用することも可能で、PCとの解像度の違いも自動的に変換し、アニメーションなどの効果も再現する。動作要件としては、OSはWindows 7/8、またEnterprise DPSアカウントが必要となる。

 開発は日本のR&D部門が主導で、全世界での製品提供が決定した。

 「営業部門から上がってきた、どんな企業でもInDesignを導入することは難しいという声を受け開発を決定し、できあがったコンセプトモデルを米本社のCEO(最高経営責任者)であるShamtanu Narayenにダイレクトレビューして、評価を受けて決定した。通常、日本のR&D部門は縦書き機能を開発することなどが多いが、この製品については日本主導で世界での製品提供が決まった初めてのケース」(永易氏)

久保秀和氏
NTTドコモ 法人事業部 法人ビジネス戦略部 営業企画 プロモーション担当 久保秀和氏

 企業での導入メリットとして、どのページがどれだけ再生されているのかといったデータを把握できることから、営業現場での関心を測ることができる。セールスフォース・ドットコムの顧客情報管理システム(CRM)などと連携できるAPIの提供も計画しており、企業のシステムとの連携も可能だ。

 早期導入企業であるNTTドコモでは、「商材が多く、その全てを営業担当者が理解し、正確にアピールすることは難しい状況となってきている。そこで紙からアプリに移行している。DPS採用を決定したのは、Androidでスムーズにプレゼンできるものを探していた時に最適なものだと判断。Android以外のマルチOS対応であり、既存コンテンツの活用などがメリットとなる」(NTTドコモ 法人事業部 法人ビジネス戦略部 営業企画 プロモーション担当 久保秀和氏)と評価している。

DPS Export for PowerPointのイメージ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]